ファッション業界を中心に、最近よく耳にする言葉「サステナブル」
実際にどんな意味を持ち、どんな取り組みなのかをイメージ出来ない方も多いのでは?

今回はそんな「サステナブル」に関して、ファッション業界での取り組みなどを紹介していく。

 

「サステナブル」とは?

サステイナブルファッションとは?

サステナブル(Sustainable)とは、Sustain(持続する)とable(〜する事が出来る)からなる言葉で、日本語に訳すと「持続可能な」という意味の言葉となっている。

具体的には、

再生利用素材や天然の素材を使い環境に配慮したデザイン商品を「サステナブルデザイン」、企業が環境に配慮した経営を行っていくことや、従業員や取引先など会社に関わるモノコトに適切に関わっていくことを表す「サステナブル経営」

などのように使用されている。

 

ファッション業界におけるサステナブルとは?

ファッション業界におけるサステイナブル

具体的にファッション業界ではどのような取り組みが行われていくかを紹介していく。

このサステナブルな取り組みが行われている、最も代表的な一つとしてファッション業界がある。

ファストファッションの流行の影響などから、衣類の年間消費量は年々増加してきており、一人当たりの洋服廃棄量も増えてきていると言われている。

また、洋服の廃棄量だけではなく、洋服を作る過程に生じる汚染水や温室ガスなどの汚染物質の排出や、毛皮アイテムを作る際の動物の殺処分なども問題視されている。

このような流れを受けて、ファッション業界ではサステナブルな取り組みを行うブランドが増えてきている。

多くのハイブランドを生み出しているフランスでは、政府が衣類品の廃棄を禁止する法案の制定の着手なども行われている。

 

サステナブルブランドの条件は?

サステイナブルファッションブランドの条件

現在では多数のブランドがサステナブルを謳っているが、実際にどのような取り組みを行っていることがサステナブルブランドの条件となっているのでしょうか?

代表的な取り組みとしては

  • 環境に配慮した洋服作り
  • ファッションに関わる公平なトレード(貿易)、公平な雇用、安全な環境
  • 動物保護

などが挙げられます。

しかし現在のファッション業界では、前述したような衣類の大量廃棄や、ファッション製造を取り巻く危険な職場環境など、華やかな一面とは真逆の世界が存在しています。

そんなファッション業界を取り巻く問題の解決を行うブランドは、どのような取り組みを行っているのか、「サスティナブルファッションブランドの条件」を紹介します。

 

サステナブルな使用素材

サステイナブルファッションの使用素材

オーガニックコットン

多数のファッションアイテムにも使用されているコットンは、なるべく安価での提供が出来るよう手間のかかる収穫を手軽にする為、農薬や化学肥料が多数使われてきた。それにより農家の健康被害などを問題視する声もあり、現在では農薬や化学肥料を使わないオーガニックなコットンを使用するブランドが増えてきている。

アニマルフリー

今まではウサギやキツネなどの毛皮を使用したファー、ガチョウの羽などを使用したダウン、羊の毛を使ったウール、牛・ブタ・羊などの皮を使ったレザーなど、多数の動物性素材が使用されてきた。

これらの動物性素材に変わり、現在ではエコファー、ベジタリアンレザーなど、動物殺傷に繋がらない素材の使用が進んでいます。

2018年には、フランスのファッションブランド「シャネル(CHANEL)」がワニ革やヘビ革などのエキゾチックレザーの使用を廃止する宣言も出している。

 

サステナブルな取り組みトレンド

サステイナブルな取り組みのトレンド

リサイクル&リユース

着る事なくなった衣服を再利用する「リサイクル」、不要になったアイテムを他人に譲ったり販売を行う「リユース」など、大量に廃棄されていた衣服を活動する動きも活発化している。

大手アパレル企業「H&M」では、店舗にリサイクルBOXを設置し、リユースやリサイクルが行われている。

フェアトレード

今までのファッション業界は、労働賃金の安い途上国にて衣服が製造され、安価で販売が行われてきていた。安さを求めるがあまり、適正な金銭が生産者に支払われていない現実や、生産性をあげる為に大量の農薬を使用する環境汚染などが問題視されていた。

こうした問題を解決するべく、現在ではフェアトレード(公平な貿易)を行う動きが活発化している。

アップサイクル

古着としてのヴィンテージの着用に加え、最近では古着を再構築したアイテムの販売を行うアップサイクルブランドなども続々登場している。

セレクトショップ「BEAMS(ビームス)」でも、倉庫に眠ったオリジナルのアイテムを使用した「BEAMS COUTURE(ビームス クチュール)」というアップサイクルブランドを展開している。

 

サステナビルな取り組みが行われているブランド(海外編)

Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stella McCartney(@stellamccartney)がシェアした投稿

2001年に設立された、イギリス発の「Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)」

レディースウェアの50%はリサイクル素材を使用して作られている。また、衣服、カバンなど全てのアイテムにおいて、レザーやファーなど動物性素材の使用を行っていない。シーズンのコレクションでも、ゴミの埋立地をロケーションした広告写真が話題となった。

 

Kowtow(コウトウ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kowtow(@kowtowclothing)がシェアした投稿

ニュージーランド発の「Kowtow(コウトウ)」は、サステナブルを全面に押し出したブランドとなり、リサイクル素材やフェアトレードにて生産されたオーガニックコットンを使用したアイテムを展開している。

Kowtowの店舗では、地元の木材を使った建材、再生素材から作られたラグなどが取り入れられており、まさにサステナビリティを体現した店舗となっている。

 

REFORMATION(リフォーメーション)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Reformation(@reformation)がシェアした投稿

2009年にリメイクアイテム&ヴィンテージブランドとして、ロサンジェルス発の「Reformation(リフォーメーション)」

全てのアイテムについて、アイテムが生まれる過程で起こる環境負荷の表示行っており、購入者がどれだけ環境負荷を削減できるのかを確認することが出来る作りとなっている。

その他、着用しなくなったアイテムの送料無料で引き取るリサイクルサービスの運営なども行っている。

 

サステナビルな取り組みが行われているブランド(日本編)

Enter the E(エンター・ジ・イー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Enter the E(@enter_the_e)がシェアした投稿

人や環境に配慮した洋服だけを集めたセレクトショップを運営する「Enter the E(エンター・ジ・イー)」

20年間ファッション業界で現場を経験した代表自らが、世界に存在する700のサステナブルブランドから約50ブランドをセレクトしたショップとなっている。

 

MES VACANCES(ミ ヴァコンス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MES VACANCES (ミ ヴァコンス)(@mes_vacances_official)がシェアした投稿

女優の柴咲コウが企画、デザイン、販売に至るまで全てをプロデュースする、「MES VACANCES (ミ ヴァコンス)」

地球の循環、生態系に負担をかけないものづくり、永く愛用出来るものづくりに取り組み、できるだけ多くの循環性をコレクションに取り入れている。

 

UNIQLO(ユニクロ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

UNIQLO ユニクロ(@uniqlo)がシェアした投稿

日本を代表する「UNIQLO(ユニクロ)」でも「服のチカラを、社会のチカラに。」をサステナビリティ・ステートメントと定めた活動を多々行っている。

2020年から、リサイクルダウン、リサイクル・ポリエステルを使用したアイテムの発売が行われるなど、積極的な活動が予定されている。

関連記事
サステナブルな取り組みを紹介するスペースも「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」がオープン
https://sus-magazine.com/fashion/128

 

ブランド 取り組み HP
Stella McCartney(ステラ・マッカートニー) 海外(イギリス) レディースウェアの50%はリサイクル素材を使用して作られている。また、衣服、カバンなど全てのアイテムにおいて、レザーやファーなど動物性素材の使用を行っていない。シーズンのコレクションでも、ゴミの埋立地をロケーションした広告写真が話題となった。 https://www.stellamccartney.com/jp
Kowtow(コウトウ) 海外(ニュージーランド) ニュージーランド発の「Kowtow(コウトウ)」は、サステナブルを全面に押し出したブランドとなり、リサイクル素材やフェアトレードにて生産されたオーガニックコットンを使用したアイテムを展開している。

Kowtowの店舗では、地元の木材を使った建材、再生素材から作られたラグなどが取り入れられており、まさにサステナビリティを体現した店舗となっている。

https://nz.kowtowclothing.com/
Reformation(リフォーメーション) 海外(アメリカ) 2009年にリメイクアイテム&ヴィンテージブランドとして、ロサンジェルス発の「Reformation(リフォーメーション)」

全てのアイテムについて、アイテムが生まれる過程で起こる環境負荷の表示行っており、購入者がどれだけ環境負荷を削減できるのかを確認することが出来る作りとなっている。

その他、着用しなくなったアイテムの送料無料で引き取るリサイクルサービスの運営なども行っている。

https://www.thereformation.com/
Enter the E(エンター・ジ・イー) 日本国内 人や環境に配慮した洋服だけを集めたセレクトショップを運営する「Enter the E(エンター・ジ・イー)」

20年間ファッション業界で現場を経験した代表自らが、世界に存在する700のサステイブルブランドから約50ブランドをセレクトしたショップとなっている。

https://enterthee.jp/
MES VACANCES (ミ ヴァコンス) 日本国内 女優の柴咲コウが企画、デザイン、販売に至るまで全てをプロデュースする、「MES VACANCES (ミ ヴァコンス)」

地球の循環、生態系に負担をかけないものづくり、永く愛用出来るものづくりに取り組み、できるだけ多くの循環性をコレクションに取り入れている。

https://mesvacances.jp/
UNIQLO(ユニクロ) 日本国内 日本を代表する「UNIQLO(ユニクロ)」でも「服のチカラを、社会のチカラに。」をサステナビリティ・ステートメントと定めた活動を多々行っている。

2020年から、リサイクルダウン、リサイクル・ポリエステルを使用したアイテムの発売が行われるなど、積極的な活動が予定されている。

https://www.uniqlo.com/jp/

 

 

 

私たちが出来る取り組み

私たちが出来るサステイナブルな取り組み

海外では日頃からエコバッグやタンブラーを持ち運ぶなど、サステナブルな行動を行っている人々が増えている。その反面、日本国内ではまだまだ認知度も低く、人々の活動も少ないと言える。

まずは「サステナブル」の意味を知り、どのような活動が行われているのかを知ることからスタートしてみよう。

そして、小さな事からスタートしてみよう。人々の小さな行動から、サテナブルを大きなカルチャーへとなっていくことだろう。

 

特集記事